使いやすい医療用のスクラブ探し│現場に応じたものを選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたアイテム

帽子

抗がん剤治療の副作用で、髪の毛が抜けてしまうことがあります。そのため医療用の帽子が多数販売されていますが、今は帽子に髪付きのものもあるので、気にせずお出かけをすることも出来るようになります。髪付きの帽子は、ウィッグとは異なって帽子とセットになっているので、被りやすくもなっていますし、違和感も少なくなります。基本的には髪付きの帽子を被り、その上から手持ちの帽子を被るという流れになります。お出かけ時だけではなく、抗がん剤治療中で入院しているとき、誰かが急に病室に来たり、自宅に急な来客があったりするときにも重宝する優れものです。このセットで付いている髪の長さも、ロングやミディアムなど種類があるので、好きな髪型になることも出来ます。髪色も黒だけではなく、ブロンズやベージュなどもあるので、その時の気分に合わせて変えられます。

治療の中でも、抗がん剤の治療によって髪の毛が抜け、それに関して悩んでいる人は多いですが、帽子を被ることでコンプレックスの軽減を図ることが可能になります。抗がん剤治療やその他の治療によって頭皮環境が変わった場合に帽子を被ることが増えますが、直接被るとムレたりかぶれたりしてしまう恐れもあります。そのため、医療用の帽子を被るときには、予めガーゼ素材のキャップを最初に被り、その後デザイン性のある帽子を被りましょう。そうすれば頭皮に負担が掛かりにくくなります。また長い間使用すると汚れてきてしまうので、定期的に手洗いをして清潔な状態を維持しましょう。